Return to site

まなび舎ボート「探究プロジェクト」

まなび舎ボート「探究プロジェクト」トライアルのご案内

 まなび舎ボートの新しい試み「探究プロジェクト」がスタートします!通常のボートの活動ではその日にやってみたいこと、ためしてみたいことを決めて実際に取り組んでみる、という要素が大きいのですが、探究プロジェクトでは、あらかじめテーマを決めて、それについて時間をかけて色んな方向からどんどん掘り下げていきます。対象は小学2年生~6年生です。

10月~翌3月はトライアルとして実施します。

テーマは「食」について。こどもたちにとって身近な「食べること」や「食べもの」について、様々な切り口で探究していきます。たとえば、食べ物を分析する実験をしてみたり、商店街に出かけて野菜や惣菜を買ってみたり、お店の方に話を聞いてみたり。逗子や鎌倉には食の関係で活躍されている方が多くいらっしゃるので、その方々にもインタビューをしてみる。フィールドワークで収穫体験、料理などもできないかと模索しています。

また、食料自給率の低下や農家の高齢化など日本で起きている問題や、飢餓や貧困といったグローバルな食の課題にも触れていくとともに、その解決方法や、未来の食についても考えてみたいと思います。

 月1回、全6回のテーマで学ぶ中で、“食に対する自分なりの知恵や価値観”を育むことが目的です。各回のテーマはある程度1回完結型にしていますので、途中からのご参加、1回のみのご参加でも構いません!3月の最終回では6回で学んだことをまとめて、発表する機会にできればと考えています。
 

トライアルということで、定員は10名です。参加してくれるこどもたちと共に、ワクワクする探究の時間にしていけたらと思います!

------------------------------
プログラム(内容はこどもたちと進めていく中で変更になる可能性があります)

■日時:
1027日(土)13:3016:00 「食べること」の探究

食べるってそもそもなんだろう?/もしも仙豆があったなら/食のなぜ・どうして

人間がいろんなものをたべる理由/外国ではどんなものを食べている?実際に食べてみよう!

1117日(土)13:3016:00 「食べること」の探究②

食べものに関するお店がどのくらいあるか、フィールドワークで調査/スーパーで食べ物がどういった国や地域から来ているのか調べてみる/直売所や魚屋でインタビュー

1215日(土)9:3012:00 食料自給率と、食料廃棄

日本の食料自給率/低いと、何に影響するんだろう?/フードマイレージって?

食料廃棄について知ろう。あまった食材はどうなるんだろう?

119日(土)9:3012:00 世界の食の問題について知ろう

世界の食の問題について知ろう!/ほかの国の給食って?

世界の食の問題を解決する取り組みを知ろう

216日(土)9:3012:00 食の問題を解決する方法

新しいたべものを生み出そう!生み出している人にインタビューしてみよう/

どんな解決方法があるか、アイデアをみ出してみよう/実際にアクションしてみよう

316日(土)13:0017:00 発表会

・これまで学んできたことをまとめよう

・自分にとっての「食べること」とは?

・食について知った上での、自分なりのアクション

【お申込】

■場所:
逗子市久木の古民家
お申込いただいた方に別途案内させていただきます。

■料金:
1回3,500円(材料費等含む)

■対象:
小学2年生~6年生

■定員:
先着10名

■お申込:
参加者氏名、学校名、学年、電話番号を明記の上、

お申込フォーム http://bootto.strikingly.com/#_10 

もしくは manabiya.bootto@gmail.com 宛にメールください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly