Return to site

【ボートな日々】ザリガニ釣り!

【ザリガニ釣り!】
ザリガニがたくさんいるいいポイントを教えてもらい、古民家から徒歩10分のところにある緑地帯へ、ザリガニ釣りに出かけました。釣り糸にさきいかを結び付けて、早速ミッションスタート。1時間ほどで、20匹弱をゲット。まずまずの”釣果”でしょうか。

それにしても釣り方を見ていると、実によく1人ひとりの個性があらわれてきます。じっくり1か所にとどまって糸を垂らして待つ子、次々にポイントを変えてチャレンジする子、複数の仕掛けをつくることにハマる子、はたまた網で一網打尽を狙う子などなど。1人で釣り上げたいと粘る子も、役割分担して協力しあってゲットを狙う子も。

エサだけ食べられてしまったり、ヒットしてもバラしてしまったり。失敗を重ね、自分なりに試行錯誤をしながら上達していく。同時に、「粘り強さ」と「根気」が育まれていきます。

・・・とはいえ、こどもたちにそんな大人の思案はお構いなしに、この刺激的な「遊び」にどんどん没頭していくのでした。

■遊びの五原則
(キャシー・ハーシェパセク/ロバータ・ゴリンコフ)

・遊びは楽しくなければならない。
・遊びはそれ自体が目的であるべきで、何か他の目的(例えば、文字を読むため、英語を話せるようになるため)であってはならない。
・遊びは遊ぶ人の自発的な選択によるものでなければならない。
・遊びは遊ぶ人が能動的に関わらなければならない。遊ばせてもらっていたら遊びではない。
・遊びは現実から離れたもので、演技のようなものである。子どもが何かの「ふり」をしていたらそれは遊びである。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly